答えがないからこその苛立ち、何事にも決して明確な答えが生じるわけではない

育児をしていて、大変なとおもう事は育児にはGoodが弱いことだと思います。夫婦でも、継母とも、育児の生き方方がちがうのでこちらが嫌でも顧客はいいと思っていたりしてイライラ行う。たとえば、男子との会話ですが息子が転んですときにぼくはツボをすぐかしたりしません。それに、歩きなれない息子が転ぶことも馴染みなので「なるほど、転んだの。痛くないよ自分でのぼりなさい」と所感はかけますが絶対にツボはかしません。自分で立たせていらっしゃる。すぐ息子にツボをかすと、いつだって助けてもらえると思うような子になってしまい、子のためにならないとおもうからだ。しかし、男子は息子のことが大好きだから(もちろん私も息子のことは大好きです)転ぶと心配なので、すぐに抱き上げて良しよし行う。衣服のしみも自分ではらわせず、男子がはらいます。どちらが正解なわけでもないのですが、食い違うなと思います。たとえ、甚だしく豪華に育児をした人のテキストを読んでイミテイションをしたとしてもわが子が同じようになるかといったら、それはちがうと思うのです。答えがないからこそ、ケンカしても意味がないしはなしあっても解決しないし、男子の生き方方も私の生き方方も両方理解できる子になってくれたらなと思います。FXキャンペーンで口座開設するには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です